準備力がすべて!

指輪を渡すためのプロポーズ指南書

プロポーズを成功させるには、なんといっても事前準備が肝心。彼女の心をがっちりとつかむために、女性を喜ばせる5つのポイントを心得ておきましょう。 女性はサプライズに弱いもの。ただ、演出そのものというよりは、自分のために時間をかけて準備してくれたことに感動する傾向が強いので、彼女を喜ばせようとするあまり、自分に酔った演出にならないように気をつけましょう。

準備力が重要!プロポーズの段取りを復習すべし

「彼女にプロポーズしよう!」と決めたら、まずは自分の気持ちに整理をつけましょう。家族を養える収入があるのか、独身生活に未練がないかなど、ひとつひとつ冷静に自分に問いかけましょう。プロポーズは勢いだけでするものではありません。結婚したい、という気持ちに嘘偽りなく、相手へ想いを届けるべきです。意志が固まれば、いよいよプロポーズを決行する日のシミュレーションです。日取り・場所・当日用意するべきものはもちろんのこと「どう誘うのか」「どんな言葉でプロポーズするのか」まで、決めておくべきことはさまざま。スムーズに事を運ばせるためには、移動手段やお店への予約、プロポーズまでの流れも考えておく必要があるでしょう。あがり症の方でしたら、せっかくの段取りが狂わないよう当日の流れを復唱するのもいいかもしれません。ただ、ひとつ言えることは、ドラマや映画のようにかっこよく決める必要はありません。自分の素直な気持ちを言葉に託して、真心を伝えられればそれで良いのです。

これが定番!プロポーズで指輪を渡す方法を学ぶべし

せっかくの婚約指輪。ただ「はい、これ」と言って渡すのではなく、演出や場所にもこだわりたいですよね。カッコよく指輪を渡す方法として、以下の例を参考にしてみてください。

2人の思い出の場所で

初めてデートした公園など、2人にとって思い出深い場所があるなら「ここから始まったんだよね。これからもよろしく!」と指輪を渡せば、彼女もグッとくること間違いなしです。

夜景を見ながらロマンティックに

プロポーズといえば、夜景は外せません。きれいな景色にうっとりとしたところを狙って、さりげなく指輪を渡しましょう。

雰囲気のいいお店で

普段より高級なお店をチョイスして、雰囲気たっぷりにプロポーズ。
生演奏をしてもらったり、デザートにメッセージを入れてもらったりと、お店側の協力が得られるのも嬉しいところです。ドラマのような、シャンパングラスの中に指輪を落として渡すという演出も良いかもしれません!

プロポーズを成功させるには、彼女の心をぐっとつかむ言葉も重要。いくつかのパターンに分けてセリフを紹介するので、参考にしてみてください。

定番のセリフ

初めてデートした公園など、2人にとって思い出深い場所があるなら「ここから始まったんだよね。これからもよろしく!」と指輪を渡せば、彼女もグッとくること間違いなしです。

ロマンティックなセリフ

「一生をかけて幸せにします」大好きな彼にこんなセリフを言われたら、思わず泣き出してしまうかも。ムードづくりも大切です。「will you marry me?」口に出して言うのが恥ずかしければ、レストランでデザートに文字を書いてもらうという方法もあります。

ちょっと笑えるセリフ

「俺と一緒に役所に行ってくれ」もちろん、婚姻届を出しに行こうという意味。ちょっとムードには欠けますが、意外と現実味をおびた言葉に、ぐっとくるものなのです。

焦りは禁物!プロポーズ成功のための心構えを知るべし

女性は、いくつになっても特別扱いしてもらいたいもの。一生に一度のプロポーズは、いつまでも思い出に残るロマンティックな演出を考えてあげたいですよね。そこで気をつけるべきことは、すばり「焦り」です。結婚やプロポーズが先行してしまって、結婚する意義を考えないまま、プロポーズしても何も伝わりませんよね?ましてや、焦りが見えれば気分は台無し。しっかりとプロポーズされる側の気持ちに立って、落ち着いたプロポーズをする心構えをする必要があります。また、プロポーズを受けやすいタイミングを図ることも重要。彼女の誕生日やクリスマスなど、気分が盛り上がる時が最適です。出世したり、転勤が決まったりと、仕事の上で変化があった時もベストタイミング。家族を養うだけの資格が出来ますし、遠いところに引っ越すなら「一緒についてきてくれ」と言いやすくなります。

女心は複雑!彼女が本当に喜ぶ指輪の渡し方を把握すべし

彼女がどんなプロポーズをされたら喜ぶか、どんな指輪の渡され方をされたいか、ある程度予測は付いても本当にそれが正解なのか不安なところ。絶対に喜んでもらえるプロポーズにするには、彼女がどんなタイプの女性かを考えることも必要です。
  • バリバリ働くキャリアウーマン

    男顔負けで仕事をこなすたくましい彼女。でも、そんな毎日に疲れて、安らぎを求めているという側面も持っているのです。包み込むようなプロポーズで安心させてあげましょう。

  • シャイな彼女

    サプライズなんて仕掛けたら思わず引いてしまいそうな照れ屋な彼女には、さりげないけれど感動を誘うような演出で。記念日や旅行先なら気持ちを受け入れやすくなります。

  • まだ付き合いの浅い彼女

    知り合ってから日が浅くても、お互いの気持ちが結婚に向いていれば大丈夫。「必ず幸せにします!」と自信を持ってプロポーズしましょう。

  • しっかり者の彼女

    自分より年上で、いつも甘えさせてくれる彼女には「苦労をかけるかもしれないけど、幸せにしたい」と素直な言葉をぶつけるのが正解。精一杯努力するという気持ちが伝われば○です。

  • ロマンティック好きな彼女

    胸をときめかせるような出来事が大好きな彼女なら、ドラマや映画の主人公になったような気分を味わわせてあげるのが成功の鍵。照れたりせず、自分も役者になったつもりでプロポーズしましょう。

喜びも倍増!プロポーズ演出をさらに引き立てるアイテム

女性は、心のこもった贈り物に弱いもの。もちろん、婚約指輪は必ず用意するとして、他にも彼女を喜ばせるアイテムを「気持ち」として添えることで、プロポーズの演出はさらに引き立ち、彼女の心をつかみます!

花束

指輪とともにサッと差し出される真っ赤なバラの花束。このシチュエーションに感動しない女性はいません。彼女の好きな花の種類が分かっていれば、それを中心にアレンジしてもらうと喜ばれますよ。

メッセージカード

文章を書くことが苦手でも大丈夫! 自分の素直な気持ちをメッセージに託して伝えましょう。

アクセサリー

ネックレスやピアスなど、婚約指輪と一緒につけられるデザインのものを贈ると喜ばれます。彼女の好きなブランドを選べば、なお良いでしょう。職場でも使える、腕時計もおすすめです。

スイーツ

並ばなければ買えないような、有名店のおいしいスイーツがおすすめ。プロポーズ後に、一緒に食べるといった楽しみもありますよ。